CISクリーニング ロゴ
私たちはお客様との心地よいコミュニケーションを大切にし、地域の皆様のお役に立てるお店でありたいと考えています。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

乾燥機で縮ませないコツ

こんにちは CISクリーニング社長の小野です。
皆さんコインランドリーを利用されたことはありますか?雨が続いて洗濯物が溜まるとコインランドリーは一度にたくさん洗えて乾燥までできるのでとても便利です。ご自宅に乾燥機をお持ちの方でもご来店されるお客様がいらっしゃいます。それは仕上がりが違うからだと思います。ランドリーの乾燥機は一般的な家庭用の乾燥機に比べて約10倍のガスパワーで衣類を乾かします。中型と大型がありますが大型で乾かせば、よりシワがなくふっくらとした仕上がりになり、乾くのも早く経済的です。
しかも熱風(70~80℃)を当てながら乾かしますので埃やダニをきれいに除去してくれますし除菌にもなります。

しかし天然素材(綿、麻等)の割合が多いと乾燥機にかける事で縮んでしまう場合があります。できるだけ縮ませないコツですが、乾燥が終わったらすぐに衣類、タオル類を取り出して形を元に戻すような気持ちで整えながら畳みましょう。繊維は冷める時にギュッと縮みやすいので、なるべく温かいうちに前述のように畳んでください。
特に縮ませたくないものがある場合は洗濯と乾燥を分けて行いましょう。そして乾燥途中で取り出したら半乾きのままで持ち帰り、形を整えて室内で吊り干しをして下さい。扇風機、サーキュレーターを使えば早く乾きます。ひと手間をかける事で縮むのを避ける事ができます。 




あとがき
ウールやシルクは絶対に乾燥機に入れないでください。傷みやすいのと縮率が高いのでやめておきましょう。
基本的には少し縮んでも気にならない物をランドリーで乾燥してください。
?Gg[???ubN}[N??