CISクリーニング ロゴ
私たちはお客様との心地よいコミュニケーションを大切にし、地域の皆様のお役に立てるお店でありたいと考えています。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

羽毛布団の値段の違いは?

こんにちはCISクリーニング社長の小野です。

羽毛布団で眠っている方はとても多いと思います。
値段は数万円~数十万円まで差があって
どれを買ったら良いのか迷った方がいらっしゃると思います。
そこでその値段の違いについて簡単にお話しします。

①羽毛の種類
保温性は羽毛の種類で異なってきます。
ダック(アヒル)の羽毛布団よりグース(ガチョウ)の羽毛布団の方が保温性が高くなります。それはグースの羽毛の大きさがダックより大きい分空気を含む量が多くなるからです。空気の量で保温性が異なってきます。それで一般的にはグースの布団の方が値段が高くなります。(例外もあります)


マザーグースはグースより体の大きなガチョウなのでより更に保温性に優れています。やはり値段も高くなります。
ちなみに特別なダックとして極寒のアイスランド最北端に生息するアイダーダックの羽毛は数百万円する物もある超高級品だそうです。極寒という環境下で生きるアイダーダックは相当保温力のある羽根を持たないと生きてはいけません。その上非常に軽いので、まるでエアーを纏っているかのような寝心地だそうです。私は宝くじが当たったら買おうかと思っています。(笑)

②ダウンパワー
①と相関しますが
羽毛1gあたりの体積のことです。
数値が高いほど保温性が高くなります。
一般的には300dp
高級品は400dp
最高級品440dpとされています。

③衛生面
羽毛を側生地に入れる前に徹底的に洗浄と
除菌が行われている布団は安価ではありません。

④羽毛を包む側生地のクォリティ 
値段が高い羽毛布団の側生地は丈夫で高密度な高級綿(超長綿)を使用し、しっかり縫製されているのでダニが中には侵入しにくくなっています。
(布団の側生地の表面が汚れている場合ダニは表面につく事はあります)
なので耐久性があり、長く使用できます。
布団販売業界では
「1年」=「1万円」と言われているそうです。
10万円くらいの布団はきちんと手入れすれば10年以上使えるそうです。

上記の条件を備えている羽毛布団を購入する際には信頼のおける布団販売店で購入することをお勧めします。

?Gg[???ubN}[N??